Warning: mysqli_query(): Empty query in /home/users/2/kingsx/web/rum/wp-includes/wp-db.php on line 2007
2010 11月 | Rum and Whisky

2010年 11月 の記事

キャパドニック 1969-2010 41年 “ザ・ライフ”

 

 

新入荷です

キャパドニック 1969-2010 41年 “ザ・ライフ” スリー・リバーズ

Caperdonich 1969-2010 41yo “The LIFE” Three Rivers  44.4% 168bts

 



 

新進のインポーター、スリーリバーズさんから

同社のハイエンド・レンジ、“ザ・ライフ”シリーズの最新作が入荷いたしました。

 

人生の様々な場面をラベルの写真で表したこのシリーズ、

前々回が結婚、前回が妊娠でしたので

第9弾となる今回は、大方の予想通りに新しい生命の誕生となりました。

大きな黒目がなんとも愛らしい赤ちゃんです。

 

未開栓ですが、長期熟成のキャパドニックには良い物が多いですから

このボトルも期待できるのではないでしょうか。

私は乳幼児の扱いが下手なので、いつも泣かれるか無視されるかのどちらかです。

 

 

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

ロン・サカパ・センテナリオ ブラック・ラベル

 

 

開封いたしました

ロン・サカパ・センテナリオ ブラック・ラベル

Ron Zacapa Centenario  Black Label  Edicion Conmemorativa  40%

 



 

とろりとした甘さが人気のラム、ロン・サカパ・センテナリオの少し古い限定ボトルです。

全体がペタテに包まれた特徴的なボトルです。

 

右が現行のものです。

ペタテは腰巻のように一部のみになっています。

左が以前の通常ボトル(空瓶です) 、そして中央が今回開封いたしましたブラック・ラベルです。

Edicion Conmemorativa と記載されています。

特別に作られた上級品のようです。

 

ロン・サカパの上級品といえばXOですが

現行のXOと比べても、よりシルキーで上質な甘みがジューシーに湧き出てきます。

甘口ラムがお好きな方、是非お試しくださいませ。

 

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

ラフロイグ 1999 ザ・ネクター & ボウモア 1999 目白・八重洲

 

 

人気の若いアイラ2種入荷です

ラフロイグ 1999-2010 11年 ザ・ネクター デイリー・ドラム 59.5%

ボウモア 1999-2010 10年 目白・八重洲 55.7% 240bts

 



 

しっかりスモーキーなラフロイグと

バランス良くフルーティーなボウモアです。

 

ラフロイグはベルギーのボトラー、ザ・ネクター社のものです。

最初にシェリー樽熟成由来の甘みが感じられますが

その後液体に分かちがたい程に強く炊き込まれたスモークが口中を支配し、深い充足を感じさせます。

 

ボウモアは東京の酒屋、目白田中屋さんと八重洲ハセガワさんの共同リリースです。

なんとも・・・・なラベルです。

 

裏書に“ちょっと美味しいボトラーズものです”とあるように

気軽に愉しんでいただけるクラスのものですが

60年代のボウモアを想起させるような

トロピカル・フルーツ様の香味の萌芽が感じられ

思わず頬の緩む掌品に仕上がっています。

 

 

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

アルビオン 1983-2008 25年 ヴェリエ

 

 

新入荷です

アルビオン 1983-2008 25年 ヴェリエ

ALBION 1983-2008 25yo VELIER  46.4%  313bts

 



 

イタリアのヴェリエ社の詰めた旧英領南米ガイアナ産のラムです。

“アルビオン”とはラテン語由来の英国を意味する古語のようで

大陸側から見た大英帝国を意味しているのでしょう。

 

“whiskyfun”というウイスキーのテイスティング・サイトで

同アルビオンの1989が高得点を得ていましたので購入してみました。

 

同銘柄だからといって同様の酒質とは限らないのはラムもウイスキーも同じですが

なるほどウイスキー好きの方に好まれそうなドライな味わいです。

 

1 Barrel Distilled in Wooden Continuous Still on 1983

と記されています。

バレルとはバーボンの熟成に使われた木樽のことで

確かに強くバーボンの香味を感じとれます。

 

Aged 25 Years in Tropical Weather

長期熟成されるデメララ・ラムの多くは

早い段階で冷涼で熟成に適した英本土に運ばれるのですが

この樽はそのままガイアナで熟成されたようです。

度数も46.4%とかなり下っています。

 

こういったデータが記載されていますと

味わいを愉しみながらその要素も感じることができ、より興味をそそられます。

 

 

 

京都は紅葉の季節です。

陽が落ちるのが早くなり、日々の散策には厳しくなって参りましたが

多くの寺社が夜間拝観をしていますので

私のような夜の人間にはありがたいです。

 

今週は大覚寺で大沢池のライトアップを拝見してきました。

当店の窓からも、早い時間には知恩院の山門と清水寺の遠景が見え風情があります。

(それ自体を目的にお越しいただける程には見えませんが)

この時期ならではの愉しみですので

 

皆様も万全の防寒対策をして

お出掛けしてみてはいかがでしょうか。

平日はどこも意外なほど空いていますよ。

 

 

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

ボウモア 1968 35年 ケルティック・ハートランド

 

 

開封しています

ボウモア 1968 35年 ケルティック・ハートランド

Bowmore 1968 35yo  Celtic Heartlands  40.6%

 



 

ブルイックラディ蒸留所の名物所長、ジム・マッキュワン氏が

ウイスキー業40年を記念して発表したシリーズ、ケルティック・ハートランドのボウモアです。

重厚なデキャンタにケルトのシンボル、友愛の鳥が描かれています。

 

この他にマッカラン68・ハイランドパーク67 と力の入ったラインナップでしたが

ご存知のように氏は元々ボウモア蒸留所の出身ですので

中でもこのボトルが一番思い入れがあるようです。

 

豪華箱入りで小冊子が付いているのですが

そこに “ボウモアはブルイックラディにてハンドフィルしたものです” とあります。

 

また本人による各テイスティング・コメントがあるのですが

ボウモア1968のfinish(余韻)として

Thanks for the memories

とのみ書かれています。

 

1968年蒸留のボウモアらしいトロピカルな香味が存分に愉しめますが

ピアレスとはまた違った方向性になっています。

素晴らしい一本です。

 

他にも ボウモア 1968-2006 38年 42.7% ピアレス

ボウモア 1969-2003 33年 41.6% ピアレス for US

もございます。それぞれの個性を味わってみて下さい。

 

 

 

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

アルフレッド・ラムス ジャマイカ・ラム 1939

 

 

開封いたしました

アルフレッド・ラムス スペシャル・リザーブ・ラム ジャマイカ 1939

Alfred Lamb’s   Special Reserve Rum   Jamaica 1939   40%

 



 

1939年蒸留のジャマイカ・ラムの大古酒です。

蒸留日は6月22日と明記されています。第二次世界大戦の開戦直前です。

 

この年の9月1日、ナチス・ドイツがポーランドに侵攻し

世界は二次大戦に突入していきます。

 

それから71年が経ち・・・彼もまさか日本で開栓されることになるとは思わなかったでしょうね。

 

ただ、その物語は不要な程の酒質です。

その香りに触れた瞬間

誰しも虚心に奥深い香味の世界に陶酔してしまうでしょう。

極上の杯です。

 

後ろは1949年9月9日蒸留のものです。

こちらは戦後生まれですね。残僅少。

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

TOP