Warning: mysqli_query(): Empty query in /home/users/2/kingsx/web/rum/wp-includes/wp-db.php on line 2007
2011 9月 | Rum and Whisky

2011年 9月 の記事

グレンアルビン 1963 21年 セスタンテ

 

 

秋になりました。古酒のおいしい季節です。

 

開封いたしました

グレンアルビン 1963 21年 セスタンテ

Glen Albyn 1963 /21yo /GM for SESTANTE /40%

 



 

インバネス城のラベルも華やかな

1963年蒸留のグレンアルビンの古酒です。

21年熟成ですので、ボトリングは1984年頃となります。

 

蒸留所は1983年に閉鎖され

現在はショッピングセンターになってしまったようです。

仕込み水はすぐ近くのネス湖の水です。

 

ネス湖といえばどうしてもネッシーを連想いたしますが

子供の頃は夢中になったものの

それ以降あまり耳にしませんので

我々世代だけのブームだったのでしょうか。

 

40%に加水された古酒ですので

状態に不安はありましたが

とても良好といっていいでしょう。

自然な果実香と柔らかく練り込まれた大麦の甘みに

思わず頬が緩みます。

 

グラスに注いだ瞬間から香味が花開くのですが

27年も瓶内で待たされたためか変化が大きく

ハーフでは20分程でとてもはかない姿になりました。

少し早めにお飲みいただく事をお奨めいたします。

その変化も愉しんでいただけましたら幸いでございます。

 

秋の夜長

この世にただ一頭残された

あわれな最後の竜を想うのにふさわしい

ノスタルジックな一杯でございます。

 

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

3時以降でノーゲストの場合は閉店させていただくことがございます。

小さな店でございますので勝手ながらお一組3名様までにてお承りさせていただきます。

ラ・モニー トレ・ヴィエイユ・キュヴェ

 

 

開封いたしました

ラ・モニー トレ・ヴィエイユ・キュヴェ

La Mauny  Tres Vieille Cuvee  40%

 



 

赤いラベルが印象的な、仏領マルティニーク島のラ・マニーの古酒です。

数年前の流通品ですがいつ頃か記憶が定かではありません。10年は経っていないと思いますが。

気に入って何本か扱いましたが、最後の一本を開封いたしました。

 

当時の1979やオルダージュと同じオールド・タイプのブラウン・ダンピー瓶仕様です。

AOCのマークが入っておりますので

1996年以降の物であることは間違いありません。

 

マルティニーク・ラムは近年、より繊細でエレガントなスタイルに変わりつつありますが

このボトルはその過渡期のものです。

 

私はAOC認定の前後で品質の決定的差はないと思いますが

収穫の機械化や生産量の増加、蒸留所の統廃合などが変化の大きな要因ではないでしょうか。

 

いずれにしても酒造りは常に20年、30年先を考えてするものですから

AOCの功罪は現時点ではまだ語れないでしょう。

より良い方向に導いて欲しいものです。

 

ともあれこのボトルは

クラシカルなアグリコール・ラムの濃厚さと

モダンなエレガンテを兼ね備えた美酒でございます。

久々に仏領のアグリコールの実力を見せてもらいました。

是非お試し下さい。

 

 

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

3時以降でノーゲストの場合は閉店させていただくことがございます。

小さな店でございますので勝手ながらお一組3名様までにてお承りさせていただきます。

ラフロイグ 1987-2004 ウイスキーフェア

 

 

台風が夏を連れ去ってしまい

秋の気配が近づいて参りました。

そろそろウイスキーの季節です。

 

夏の暑い時期は若いアイラが人気でした。

食事においてもそうみたいですが

やはり夏は刺激的ではっきりとした味わいのものが求められるのでしょう。

 

涼しくなりますと複雑な香味のある重厚なものか

柔らかいものが好まれるようになりますが

季節の変わり目のこの時期は

スモーキーでかつ複雑味もある

長期熟成のアイラ・モルトはいかがでしょう。

 

 

開封いたしました

ラフロイグ 1987-2004 ザ・ウイスキー・フェア

Laphroaig 1987-2004 / Douglas Laing Old Malt Cask  for  The Whisky Fair / 56.1% / 336bts

 



 

ダグラスレイン社がドイツのウイスキーフェア向けに詰めたラフロイグです。

同社のオールド・モルト・カスク・シリーズは通常50%で詰められ

上部ラベルにもそう表記されているのですが

このボトルは樽出しの56.1%です。

 

濃色で、表記はありませんが明確なシェリーのニュアンスを感じます。

しっかり甘く、しっかりスモーキーで

その二つの要素が調和しているというよりはせめぎ合うような

個性的で楽しいラフロイグです。

 

 

こちらも開封しております

カリラ 1977-99 21年 レアモルト

Caol Ila 1977-99 / 21yo / UD-Rare Malt Selection / 61.3%

 



 

懐かしい99年ボトリングのレアモルトのカリラです。

最近の長期熟成のカリラによく見られる果実味が無く

スモーク・塩・旨みと、アルコールのボリュームで飲ませる

シンプルで古典的な王道のカリラです。

とてもおすすめです。是非お試し下さい。

 

 

 

 

台風が去り、ようやく水の引いた鴨川の浅い水底に光るものがあり

増水で流されて来たのでしょうか

金具と革で装丁された立派な古書が沈んでいました。

 

とても気になったのですが

もう水に入って拾い上げるような歳でもないと

そのままにして帰りました。

 

あれは何の本だったのでしょうか、今になって後悔しています。

 

 

 

 

Rum and Whisky   (ラム・アンド・ウイスキー)

604-8017 京都市中京区木屋町三条下る材木町188-3 光ビル4階東 (木屋町交番より北に7軒目)

20時から翌4時 火曜休     チャージ500円

3時以降でノーゲストの場合は閉店させていただくことがございます。

小さな店でございますので勝手ながらお一組3名様までにてお承りさせていただきます。

TOP